これまでの裏方日記−箱根駅伝を支える学生たちが書いています−

 一覧へ戻る

2013年11月05日
 第1回「いよいよ箱根駅伝!」五十川基里

みなさま、初めまして。関東学生陸上競技連盟幹事長の五十川基里と申します。
今年も箱根駅伝の季節がやってまいりました。この日記を書くともうそんな時期になったのかと思うものです。
2週間ほど前に予選会が終了し、ついに本選に出場する23校が決定いたしました。今年度は90回を記念して出場校が増え、例年よりも多くの選手が出場します。
準備もこれからが本格的になっていきますが、90回だからといって準備や心構えに違いがあるわけではありません。運営に携わる気持ちは毎年の大会と同じです。どの年でも、どの大会でも「前回よりも良い大会に」が運営に関わる全ての人の思いです。
最後になりましたが、大会までの約2ヶ月、この日記を通して準備の様子や各中継所の雰囲気、それ以外にも今までの大会についてなどを学生幹事がみなさまにお伝えします。普段は見ることのできない一面を感じていただければと思います。
それでは、短い間ではありますが学連日記をお楽しみください。