これまでの裏方日記−箱根駅伝を支える学生たちが書いています−

 一覧へ戻る

2013年11月22日
 第6回「はじめまして」山之口航

 関東学生陸上競技連盟に所属しております駒澤大学1年の山之口航と申します。
私は普段、関東学連から派遣されて、関東をはじめとする全国8地区の学生陸上競技連盟を統括している日本学生陸上競技連合(日本学連)というところにおります。主な主催大会は6月の日本学生個人選手権、9月の日本学生対校選手権(日本インカレ)、10月の出雲駅伝と全日本大学女子駅伝、そして、11月の全日本大学駅伝で、いわゆる大学3大駅伝のうち2つに日本学連として関わっており、もう1つの箱根駅伝は関東学連の一員として運営に携わっております。
 昨年まではテレビで見ていた箱根駅伝。それが今年から箱根駅伝のウェアを着て運営側として参加させていただけることが夢のようです。私は2区と3区、そして8区と9区をつなぐ戸塚中継所で仕事をします。選手が全力で走りだせるように自分自身も全力を出して支えていきたいと思います。
 箱根駅伝は多くの支えがあって成り立っています。いつも応援してくださる箱根駅伝ファンの皆様、審判の先生方や大学関係者、企業の方々のお力あってこその箱根駅伝です。支えてくださる皆様に感謝しつつ、箱根駅伝の運営を行い、そして箱根駅伝を通して観客の皆様やテレビ・ラジオの前の皆様へ感動と陸上競技の美しさをお届けできればいいなと思っております。