これまでの裏方日記−箱根駅伝を支える学生たちが書いています−

 一覧へ戻る

2013年12月04日
 第10回「大会運営から学んだこと」渡邊さゆり

 学連日記をご覧のみなさん、こんにちは!
幹事を務めている駒澤大学3年の渡邊さゆりです。トラック&フィールドの大会では、各種目の招集開始時刻に出場選手を点呼し、競技が開始できるよう競技実施場所へ送り届ける「競技者係」という部署を担当しています。
 今年度は初の大会担当も務めました。関東学連は多くの主催大会を実施しておりますが、年度初めに各大会の担当者を決めます。私は6月下旬に行われた「秩父宮賜杯第45回全日本大学駅伝対校選手権大会 関東学生競技連盟推薦校選考会」を担当致しました。この大会は毎年11月に行われる全日本大学駅伝の関東地区の予選会です。大会担当は競技場や協賛、後援の企業の方々と打ち合わせを重ね、準備を進めていきます。初めての大会担当ということで緊張と不安が大きかったですが、大会当日は順調に競技が行われ、無事に大会を終えることができました。1つの大会を任されたことで、今後に活かすべき点を多く発見できた大会となりました。

 第90回箱根駅伝では平塚中継所の副主任を務めます。90回という記念の大会に対する想いは、主催側である私達も大きいです。襷リレーに賭ける選手達の姿を後押しできるよう、私達も全力を尽くします!