これまでの裏方日記−箱根駅伝を支える学生たちが書いています−

 一覧へ戻る

2016年10月12日
 第1回「第93回大会への出場をかけて」伊藤大悟

 駅伝ひろばをご覧の皆さま、こんにちは!
 関東学生陸上競技連盟で副幹事長を務めております早稲田大学3年の伊藤大悟です。箱根駅伝予選会まであと2日となりました。いよいよ今年も始まるという実感が日に日に増してきている中で、当日に向け準備も大詰めを迎えています。
 今年は12名という多くの1年生が学連幹事を希望し、集まってくれました。関東学連は現在、4年生2名、3年生3名、2年生5名、1年生12名の計22名が学連幹事として、日々の業務に取り組んでいます。第93回本大会が終了するまでの短い間ではありますが、22名が学連日記を通して、それぞれの大会への思いや学連ではどのような活動をしているのかなどを紹介していきます。学連日記を通して関東学連の活動を少しでも知っていただければと思っています。
 さて、今年の予選会は昨年から1校増え、50校が出場いたします。箱根駅伝への出場権10枠をかけ、各選手がチームのために全力を尽くします。10月15日(土)9時35分スタートです!テレビの前や沿道から、選手へのご声援をよろしくお願いいたします!
※なお現地に応援へお越しの方は、以下をご一読ください。

http://www.kgrr.org/event/2016/kgrr/93hakone-yosenkai/93_goraizyou.pdf