これまでの裏方日記−箱根駅伝を支える学生たちが書いています−

 一覧へ戻る

2018年12月12日
 第20回「Track&Fieldも観てみませんか?」伊藤 舜

 駅伝広場をご覧の皆さま、こんにちは。関東学連で常任幹事を務めます、千葉大学3年の伊藤 舜です。

 私は普段の業務では報道担当をしております。報道担当の業務は、大きく分けて大会前と大会当日に分かれます。大会前は、各大会の取材概要の作成、取材申請の取りまとめを行います。そして、大会当日は、お越しいただいた取材者に、選手への負担にならない程度に満足するまで取材を行っていただけるように選手・取材者との仲介役や万一、選手や取材者に事故が発生しないよう安全確保に勤めております。
 報道担当となって私が感じたことは、多くの方が学生スポーツに興味を持ってくださっているということです。しかし、陸上競技全般にその興味が向いているかというとその限りではありません。もちろん駅伝も陸上競技の一部ではありますが、Track&Fieldへの関心はまだ低いものです。箱根駅伝を入り口にもっと多くの方にTrack&Fieldを知ってもらえたらと考えてます。
 
大会当日、私は緊急対応車に乗車し、選手のアクシデントなど様々な緊急時に備えます。選手も当日までに走る準備をしていきますが、私たちも選手が安心して走れるよう万全の準備をしていきます。
 沿道の皆様、テレビ・ラジオの前の皆様、新春の箱根路を駆け抜ける選手に、温かいご声援をどうぞよろしくお願いします!
 そして、春からのTrack&Fieldシーズンには陸上競技場にもお越しください!