これまでの裏方日記−箱根駅伝を支える学生たちが書いています−

 一覧へ戻る

2012年11月12日
 第2回「予選会を終えて」大淳

こんにちは。関東学連で常任幹事を務めております大淳と申します。

 さて、去る10月20日(土)に第89回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会を無事開催することが出来ました。事前準備で何度か立川に行った際は、いつも雨に見舞われていたので昨年の予選会のような天候が予想されましたが、大会当日は昨年と打って変わって晴天となりホッとしました。私はスタート地点にいましたが45校529名の選手が一斉に自衛隊内滑走路を駆け抜けていく姿を見て、ついに箱根駅伝が始まったということを全身で感じました。
 現在は予選会も終わり、本大会出場校同様に関東学連も箱根駅伝に向けて日々準備に勤しんでいます。1月2日、3日はスムーズに運営を行い、選手はもちろん箱根駅伝を楽しみにしてくださっている方々に、素晴らしい大会だったと感じてもらえるよう学生幹事一同頑張ってまいりたいと思います。
10月の出雲駅伝では青山学院大学が、11月の全日本大学駅伝では駒澤大学がそれぞれ優勝しました。どちらの駅伝も大会新が誕生し、激しい戦いが繰り広げられたことは記憶に新しいと思います。果たして明年の1月2日、3日に栄冠を勝ち取るのはどの大学になるのでしょうか。大会当日は熱い声援をよろしくお願いします!
次回は関東学連のルーキーたちによる日記です。こちらもお楽しみに!